観光地リスト観光地の詳細

まともに見る

江西省鷹潭市貴渓県境の龍虎山張道陵で製丹所。 によれば 「龍虎山志」 記載: 第4代天師張盛は漢中から龍虎山に遷移してから、 ここに祠を建てて祖先を祀ったことがある。 五代南唐の時ここに天師廟を建てた; 北宋崇寧4年 (1105) 、 第30代天師張継先勅により修理された、 徽宗の時に天師廟を演法観に改めた。 明嘉靖32年 (1563) 、 世宗は修繕金を賜った、 そして演法観を正一観に変える。

この観は本堂5間として建てられている、 張道陵を祭る、 王長と趙昇の3人、 倶銅像俗金、 左右2庑各3間、 正門3間、 本殿後玉皇殿五間、 東西に鐘鼓楼を建てる。 元は龍虎山で道教の有名な宮観の一つだった。

正一観は正一道祖庭の象徴である。

漢と帝の時、 張道陵は弟子の王長遊淮を連れてPOYANG陽に入った後、 信江をさかのぼってここに来た、 草堂を建てる、 練る 「九天神丹」 、 道教を創始する、 中国道教の祖となる。 第4代天師張盛は蜀から龍虎山祖師正一元壇に帰った、 父の命に従う 「永宣祖教、 世に伝える」 、 祠を立てて祖先を祭る。 それから、 歴代の天師がここで開壇して親授を行った、 龍虎山も全国ひいては世界の初教伝播センターとなった、 さまざまな宮観道院が林立する、 規模が大きい、 龍虎山は正一に見られた 「昼と夜が長くて羽人国」 。

正一観の最初の名前は 「祖天師廟」 、 四代天師張盛自四川回龍虎山である 「永宣祖教」 、 祖天師を祀るために建てられた廟。 同時に、 天師張盛はここで祖天師玄壇と丹かまど跡地を修復している、 そしてここに住んできた、 毎年三元節の時、 壇に登って伝説を伝える、 各地から学道者千人余りがここに押し寄せた。 それから、 ここは宮観が林立している、 道士が雲集する。

唐天宝年間 (724755年) 、 道士の呉筠はかつて1首で 「竜虎山」 ここの光景を生き生きと描いた: 「道士は魚のハイエナの衣を着ている、 向日が青天に向かって飛んでいる。 竜虎山の中の良い月、 玉殿珠楼は空が青々としている。 」